化粧水でニキビ跡対策 - 間違ったスキンケアはニキビの素?

ニキビ跡 消す 化粧水 → ニキビ跡を消す化粧水│正しいスキンケアの方法とは

ニキビ跡を消す化粧水│正しいスキンケアの方法とは

ニキビケアには洗顔が基本で、それにつながるスキンケアも重要になります。せっかく洗顔を丁寧におこなっても、スキンケアが間違っていればニキビの原因になるかもしれません。自分のスキンケア方法が間違っていないか今一度見直して、正しい方法で行うようにしましょう。
ニキビ跡の化粧水、どれにする?

まず、洗顔後、時々化粧水をつけないなんてことはありませんか。つけても洗顔後かなり時間が経ってからなんてことはありませんか。これらは肌の乾燥を招き、ニキビの原因となってしまいます。

今まで化粧水をつける習慣がなかった人ははじめは大変かもしれませんが、洗顔後は必ず化粧水で保護するくせをつけましょう。できれば洗顔が終わったら早く、それもたっぷりと化粧水をつけて乾燥させないようにしてください。

せっかく化粧水をつけていても、コットンを使っている人は要注意です。一見コットンをつかったほうが肌への吸収もよく、清潔そうですが、ニキビができている場合、ニキビができやすい肌の場合はそうではありません。コットンが刺激となって、ニキビを悪化させたり、できやすくさせたりしてしまう可能性があります。

ニキビケアが目的であるのならば、手を使って化粧水をつけるようにしましょう。ただし肌をこするように化粧水をつけたり、強くパッティングしたり、長時間パッティングしすぎないようにしてください。化粧水のあとは、より保湿効果を高めるために保湿剤を使うと思いますが、ニキビができているところにはつけてはいけません。

ニキビができている時、ニキビができやすい場合、いずれにせよスキンケア用品は、肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。ついつい香りがいいからと香料の強いものを選んだり、かわいいからと着色料の入ったものを選んでしまう人もいるかもしれませんが、ニキビにはよくありません。

デザインや表の売り文句だけでなく、裏の表示まで見て選ぶくせをつけたいところです。難しい原材料のことまではわからなくても、せめて無香料、無着色、自然由来などのものを選ぶとよいでしょう。

ニキビ薬の正しい使い方

ニキビができてしまった!といって慌ててニキビ薬を取りだして塗る人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。そのニキビ薬、正しく使っていますか? そもそも正しいニキビ薬を選んでいますか?

まずニキビには大きく分けてふたつのものがあります。「思春期ニキビ」と「おとなニキビ」です。思春期ニキビはその名の通り思春期にできるニキビのことで、活発な皮脂の分泌によってできます。一方、おとなニキビは成人以降にできるニキビのことで、吹き出物と言ったりもします。

思春期のニキビは成長期の皮脂分泌によってできることがほとんどなのに対して、おとなニキビは生活習慣やストレスなどさまざなことが原因となっていることが多いです。つまり、ニキビができる原因が違うので、使うニキビ薬も違うということになります。

このチョイスを間違えると、ニキビが治らないばかりか、悪化したりニキビ跡になってしまったりします。おとながニキビができたからといって、間違っても十代の弟や妹のニキビ薬を使ったり、十代の頃使っていたニキビ薬を使ったりしないでくださいね。

また、皮膚の炎症やアトピーの治療、虫さされなどでよく使われるステロイド剤も自己判断で使うのは危険です。 炎症を抑える効果があるので、もしかするとはじめは一時的にニキビにも効果が表れるかもしれません。

しかしステロイド剤は免疫を抑える働きがあるので、自己判断で使い続けているとその他の弊害をもたらす危険性があります。医師に処方された場合でも使い方の説明をよく聞き、必ず守るようにしてください。

市販のニキビ薬の場合も、数か月にわたる長期連用は気をつけましょう。長い間使っても効果が表れないということは他に原因があったり、そもそもただのニキビではない可能性があります。医師に相談するようにしてください。

逆に、効果がないからといって頻繁にニキビ薬を変えるのもよくありません。まずは説明書に書いてある使い方、期間きちんと使って、効果がなければ変えるなり医師に相談するなりしましょう。

便秘もニキビの原因になる

ニキビは女性にもできやすい症状ですが、その原因として便秘が元になっている事もあります。一見ニキビとあまり関係がないようにも感じやすい便秘ですが、実はニキビと大きく関係している場合もあります。

この関係を理解するには体内の仕組みを理解しておく必要があります。きちんと体の中で起こっている事が理解できれば、便秘とニキビの関係もきちんと掴めるようになります。便秘にもニキビにも両方悩んでいるという方は一度自分に当てはまらないかをチェックしてみるのもお勧めです。

便秘は体内の代謝が悪くなって起こっている事が多いです。食べ物が分解されて体外に排出されるのが普通の状態ですが、腸の機能が上手く働いていないとこの排出がスムーズに行われにくくなる事があります。これが便秘です。

便秘になると体内の毒素や老廃物がスムーズに体外に排出されにくくなるため、その物質は体内に蓄積される事になります。体内に蓄積された毒素や老廃物は体内に様々な悪影響を与える事になります。

体内ではこうした物質が反応して活性酸素と呼ばれる有害物質ができます。活性酸素は多くの病気の原因ともなっている物質ですが、ニキビもできやすくなります。活性酸素が体内にダメージを与える事でその影響が表面化し、顔の肌にニキビとなり現れてくるのです。

また、体内の毒素や老廃物は便としての排出の場を失うと、皮脂などに含まれて排出される事もあります。そのため、顔の肌にこうした皮脂が分泌される事で肌にダメージを与えやすくなり、ニキビにも繋がってしまいます。

このように便秘が元でニキビもできやすくなるため、なるべく便秘にならないように日頃から気を付けていく事が大切です。具体的にできる事としては、野菜などに含まれる食物繊維を多く摂るという事です。

食物繊維は体内の老廃物などを絡め取り、かつ便として排出しやすくしてくれます。また体を暖かく保っておく事も代謝を良くする事ができ、便秘を解消する事ができます。対策を行う事で同時にニキビも少なくできる可能性は高くなります。

ニキビ跡の関連ページ

 ・ニキビができている時のNG習慣    ・ニキビができやすい肌を防ぐ

 ・思春期ニキビと大人ニキビの違い    ・便秘とニキビの関係は?

 ・大人ニキビの基礎知識をつけよう    ・ニキビの段階による対処法

 ・アクネ菌はニキビの原因になるの?   ・ニキビの種類を知りましょう

 ・体の詰まりがニキビを引き起こす    ・ニキビのできにくい肌を

 ・ニキビの原因のアクネ菌について    ・私のにきびと格闘の日々

 ・ニキビのためのスキンケア商品選び   ・気になる、にきび跡の対処法